最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

配列のレイアウト

説明

列優先または行優先として生成されるコードの配列データのレイアウトを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: 列優先

列優先

列優先の配列レイアウトでコードを生成します。たとえば、4 行 3 列の行列 A について考えます。

A =
    1    2    3
    4    5    6
    7    8    9
    10   11   12
列優先の配列レイアウトでは、列要素はメモリで連続しています。A は生成コードで次のように表されます。
1    4    7    10    2    5    8    11    3    6    9    12

行優先

行優先の配列レイアウトでコードを生成します。たとえば、行列 A の場合、行優先の配列レイアウトで行要素は連続しています。A は生成コードで次のように表されます。

1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11    12

コンフィギュレーション パラメーター [行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用] (Simulink) を選択し、効率的な行優先アルゴリズムを有効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: ArrayLayout
型: 文字ベクトル
値: 'Column-major' | 'Row-major'
既定の設定: 'Column-major'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック