Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addSourceFiles

ソース ファイルをビルド情報に追加

説明

addSourceFiles(buildinfo,filenames,paths,groups) は、ビルド情報に追加するソース ファイルおよびパスを指定します。

関数は、引数 buildinfo および filenames を必要とします。オプション引数 groups を使用するとオプションをグループ化できます。

コード ジェネレーターは、ソース ファイルおよびパス オプションをビルド情報オブジェクトに保存します。関数は指定された順序に基づいてオプションをオブジェクトに追加します。

すべて折りたたむ

ソース ファイル driver.c をビルド情報 myBuildInfo に追加し、グループ Drivers にファイルを配置します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addSourceFiles(myBuildInfo,'driver.c', ...
   '/proj/src', 'Drivers');

ソース ファイル test1.ctest2.c をビルド情報 myBuildInfo に追加し、グループ Tests にファイルを配置します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addSourceFiles(myBuildInfo, ...
   {'test1.c' 'test2.c'}, ...
   '/proj/src','Tests');

ソース ファイル test1.ctest2.c、および driver.c をビルド情報 myBuildInfo に追加します。ファイル test1.ctest2.c を文字ベクトル Tests でグループ化します。ファイル driver.c を文字ベクトル Drivers でグループ化します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addSourceFiles(myBuildInfo, ...
   {'test1.c' 'test2.c' 'driver.c'}, ... 
   '/proj/src', ...
   {'Tests' 'Tests' 'Drivers'});

指定したフォルダー内の .c ファイルをビルド情報 myBuildInfo に追加し、グループ CFiles にファイルを配置します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addIncludeFiles(myBuildInfo, ... 
   '*.c','/proj/src','CFiles');

入力引数

すべて折りたたむ

filenames 引数は、文字ベクトル、文字ベクトルの配列、または string として指定できます。filenames 引数を複数の文字ベクトルとして指定した場合 (例: 'etc.c' 'etc_private.c')、filenames 引数は文字ベクトルの配列としてビルド情報に追加されます。

ドット区切り記号 (.) を含めると、ファイル名のテキストにワイルドカード文字を使用できます。たとえば '*.*''*.c''*.c*' のようになります。

ビルド情報オブジェクト内で以前に定義されたエントリと、パスおよびファイル名が完全一致する、重複したインクルード ファイル エントリは、この関数によって削除されます。

例: '*.c'

paths 引数は、文字ベクトル、文字ベクトルの配列、または string として指定できます。1 つのパスを文字ベクトルとして指定した場合は、すべてのファイルにそのパスが使用されます。paths 引数を複数の文字ベクトルとして指定した場合 (例: '/proj/src' および '/proj/inc')、paths 引数は文字ベクトルの配列としてビルド情報に追加されます。

例: '/proj/src'

groups 引数は、文字ベクトル、文字ベクトルの配列、または string として指定できます。複数の groups を指定した場合 (例: 'Tests' 'Tests' 'Drivers')、関数は groupsfilenames に出現順で関連付けます。たとえば、filenames 引数 'test1.c' 'test2.c' 'driver.c' は、3 つの要素をもつ文字ベクトルの配列です。1 番目の要素は 'Tests' グループに含まれ、2 番目の要素は 'Tests' グループに含まれ、3 番目の要素は 'Drivers' グループに含まれます。

例: 'Tests' 'Tests' 'Drivers'

R2006a で導入