Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ビルド プロセス

コンパイラまたは IDE の設定、ビルド プロセスの構成と開始、コンパイラ エラーのトラブルシューティング

モデル用に実行可能プログラムまたは共有ライブラリをビルドする前に、コンパイラまたは IDE を選択して設定し、ターゲット環境を構成します。いくつかのメソッドを使用してビルド プロセスを開始できます。生成コードの再読み込み、リビルド、再配置にツールを使用できます。

システムに参照モデルが含まれている場合は、ビルド時間を短縮し、コード ジェネレーターで最上位モデルのコードを再生成するかどうかを制御します。

コード実行の速度を向上させるために、利用可能なプロファイリング機能の使用を検討してください。

関数

すべて展開する

packNGo移動するために生成コードを ZIP ファイルにパッケージ化
rtw_precompile_libsモデルをビルドせずにモデル ライブラリをビルドする
codebuild生成されたコードのコンパイルとリンク
rtwrebuildモデルから生成されたコードをリビルド
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド
coder.buildstatus.close[ビルド ステータス] ウィンドウを閉じる
coder.buildstatus.open[ビルド ステータス] ウィンドウを開く
RTW.getBuildDirモデル ビルド情報からビルド フォルダー情報を取得
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
switchTargetモデル コンフィギュレーション セットのターゲットの選択

トピック

ビルド プロセスのワークフロー

ビルド プロセスの構成

ビルド プロセスの考慮事項