Main Content

外部コードの統合

統合のパスおよび方法の選択と適用

コード ジェネレーターには、レガシ コードやカスタム コードを生成されたコードと統合するためのさまざまな方法が用意されています。"レガシ コード" は、コード ジェネレーターによって生成されたコードと統合する、既存の手書きコードまたは環境用のコードです。"カスタム コード" は、コード ジェネレーターのビルド プロセス内に含めるレガシ コードまたはユーザーが指定したその他のコード行です。集合的にレガシ コードとカスタム コードを "外部コード" と呼びます。

既存の外部コードをコード ジェネレーターによって生成されたコードにインポートするか、生成されたコードを既存の外部コード ベースにエクスポートするか、その両方を行うことにより外部コードを統合できます。たとえば、外部関数の呼び出しやレガシ コード ツールの使用によりコードをインポートしたり、Custom Code ブロックをモデルに含めることで生成されたコードの特定の位置に外部コードを配置したりできます。外部コードをインポートすると、その結果生成されたコードは生成されたスケジューリング コードとインターフェイスを取ります。

生成されたコードをプラグイン関数としてエクスポートし、外部開発環境で使用できます。生成されたコードをエクスポートする場合、アプリケーションのランタイム環境でそのコードとスケジュール メカニズムとのインターフェイスを手動で取ることになります。

アプリケーションの要件に基づいてアプローチを選択する方法の詳細については、外部コード統合ワークフローの選択を参照してください。

ブロック

すべて展開する

Model Header外部ヘッダー コードを指定
Model Source外部ソース コードを指定
System Derivatives外部システム派生コードを指定
System Disable外部システム無効化コードを指定
System Enable外部システム有効化コードを指定
System Initialize外部システム初期化コードを指定
System Outputs外部システム出力コードを指定
System Start外部システム起動コードを指定
System Terminate外部システム終了コードを指定
System Update外部システム更新コードを指定

トピック

入門

生成コードへの外部コードのインポート

データ インターフェイスとコード インターフェイスの制御

その他の統合要件と適合するように生成されたコードを制御する