Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ交換インターフェイス

データ交換のためのインターフェイス設定

生成されたコードと外部アプリケーション コード間でデータを交換する手法と機能を設定して使用します。

データ インターフェイスを使用して、生成されたコードと外部コードまたはデータ間でデータを交換できます。C API を使用して生成されたコードと対話操作によりコードを記述します。測定、キャリブレーションおよび診断システム用に ASAP2 ファイルをエクスポートします。

生成されたコードの実行中に MAT ファイルにデータのログを作成する場合は、プログラム実行結果のログを作成するを参照してください。

関数

addCoderXCPInfoSimulink Coder XCP スレーブ構成を記述する IF_DATA XCP ブロックが含まれる ASAP2 ファイルを作成する

トピック

モデル データに対する C API インターフェイス

C API を使用した生成コードと外部コードの間のデータ交換

生成されたモデル コードとの対話を行う、ホストベースまたはターゲットベースのアプリケーション コードを作成します。

C API を使用したモデルの信号と状態へのアクセス

モデルの信号や状態と相互作用するアプリケーション コードを記述します。

C API を使用したモデル パラメーターへのアクセス

モデル パラメーターと相互作用するアプリケーション コードを記述します。

ASAP2 ファイルの生成

データ測定およびキャリブレーションのための ASAP2 ファイルのエクスポート

ASAP2 ファイル生成のためのモデルを構成します。

XCP およびサードパーティ製のツールを使用した生成コードのキャリブレーションと信号の監視

XCP エクスターナル モードのターゲット アプリケーションおよび XCP スレーブ構成を記述する ASAP2 ファイルの生成。

生成された ASAP2 ファイルのカスタマイズ

Target Language Compiler (TLC) ファイルを編集し、Simulink® モデルから生成された ASAP2 ファイルをカスタマイズします。

パラメーターの調整可能性と信号の可視性

個別の信号、状態、およびパラメーター データ要素へのストレージ クラスの適用

ストレージ クラスの直接の適用によって生成されたコードでのデータの表現を制御します。これは、コード マッピング エディターで指定する既定のストレージ クラスをオーバーライドするものです。

生成されたコードにおける調整可能なキャリブレーション パラメーターの作成

生成されたコードで、ラピッド プロトタイピングおよびキャリブレーション時にアクセスできる調整可能なパラメーター データを作成します。