最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル コンフィギュレーション

シミュレーションおよびコード生成用のモデル構成

コード生成用のモデル コンフィギュレーション パラメーターは、コード ジェネレーターによるコードの生成方法と、モデルから実行可能ファイルを作成する方法を定義します。モデル アドバイザーは、モデルが標準とガイドラインに適合しており、コードを生成する準備ができていることをチェックします。コード生成アドバイザーは指定した目的関数に基づいてモデルを確認します。

トピック

入門

コード生成の構成

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスからコード生成に特定のモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更する。

コード生成の構成

モデル用のコード生成パラメーターのプログラムによる構成

MATLAB® コマンド ラインからのコード生成に固有のモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更します。

コンフィギュレーション参照を使用したコード生成ターゲットの選択

個々のモデルを変更せずにモデル参照階層のコード生成ターゲットを選択します。

モデル アドバイザー

モデル アドバイザーを使用したモデルのチェック (Simulink)

モデル アドバイザーを使用してモデルやサブシステムをチェックし、選択した条件やコンフィギュレーション セットが不正確で効率の悪いシミュレーション結果に導く可能性がないかを調べます。

コード生成用のモデルと構成のチェック

モデル アドバイザーとコード生成アドバイザーを使用して、モデルでコード生成の準備ができているかどうかを評価します。

標準とコードの効率性についての Simulink Coder モデル アドバイザー チェック

Simulink® Coder™ モデル アドバイザー チェックを使用して、モデルでコード生成の準備ができているかどうかを評価する。

モデル コンフィギュレーションに関するモデリング ガイドライン

モデルを開発し、コードを生成する際には、モデリング ガイドラインのコンフィギュレーション推奨事項に従ってください。

コード生成アドバイザー

コード生成アドバイザーを使用したアプリケーションの目的

コード生成アドバイザーを使用してコード生成の目的に対してモデルをチェックします。

モデル コンフィギュレーション パラメーターの推奨設定のまとめ

モデルとターゲット コンフィギュレーションを調整するためのコード生成パラメーターの概要

コード生成アドバイザーのチェック

コード生成アドバイザーのチェックの使用により、Simulink モデルとサブシステムの設計、およびコード生成のトラブルシューティングを促進する。

モデル コンフィギュレーション パラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成

ターゲット選択、ドキュメント化、ビルド プロセスなど、モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットのコード生成を定義する一般的なパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成の最適化

コード最適化を構成するパラメーター。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成レポート

コード生成レポートを構成するためのパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コメント

自動的に生成して生成コードに挿入するコメントを制御するパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成識別子

生成コードの識別子に対する自動生成された命名規則を選択するパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成のカスタム コード

生成ファイルに含めるカスタム C コード、フォルダー、ソース ファイル、およびライブラリのリストを作成するパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成インターフェイス

ターゲット ソフトウェア環境、出力変数名修飾子、およびデータ交換インターフェイスを選択するパラメーター

モデル コンフィギュレーション パラメーターの推奨設定のまとめ

モデルとターゲット コンフィギュレーションを調整するためのコード生成パラメーターの概要