Main Content

モデル コンフィギュレーション

シミュレーションおよびコード生成用のモデル構成

コード生成用のモデル コンフィギュレーション パラメーターは、コード ジェネレーターによるコードの生成方法と、モデルから実行可能ファイルを作成する方法を定義します。モデル アドバイザーは、モデルが標準とガイドラインに適合しており、コードを生成する準備ができていることをチェックします。コード生成アドバイザーは指定した目的関数に基づいてモデルを確認します。

モデル設定

すべて展開する

ターゲットの選択

システム ターゲット ファイルFile that controls code generation stage of build process
言語生成コードのプログラミング言語
言語標準Language standard supported by compiler

ビルド プロセス

コード生成のみGenerate code versus an executable program
コードとアーティファクトのパッケージ化Package generated code and artifacts in ZIP file
コンパイラ最適化レベルControl application of compiler optimizations
カスタム コンパイラ最適化フラグCompiler optimization flags
ツールチェーン実行可能プログラムまたはライブラリのビルド時に使用するツールチェーン
ビルド構成Build configuration defined by toolchain
ツールチェーンの詳細Baseline toolchain settings
makefile の生成Enable generation of makefile to use for compiling generated code
make コマンドMake command and options for initiating build process
テンプレート makefileTemplate makefile to use to generate makefile for specified system target file

コード生成の目的

目的を選択Code generation objective
コード生成前にモデルをチェックChoose whether to run Code Generation Advisor checks

詳細設定パラメーター

カスタム FFT ライブラリのコールバックCallback for custom FFT library usage
カスタム BLAS ライブラリのコールバックCallback for custom BLAS library usage
カスタム LAPACK ライブラリのコールバックCallback for custom LAPACK library usage
詳細なビルド (コマンド表示)Enable display of build process stages and compiler output
Retain .rtw file in current build folderRetain generated model.rtw file
TLC プロファイルProfile execution of TLC files used to generate code for model
TLC アサーションを有効にするProduce TLC stack trace
コード生成時に TLC カバレッジを実行Log coverage of TLC code during code generation
コード生成時に TLC デバッガーを実行During code generation, start TLC debugger
Zip ファイル名Name of ZIP file
カスタム ハードウェア アプリを Simulink ツールストリップに表示Show Custom Hardware App in Simulink Toolstrip
組み込みハードウェア アプリを Simulink ツールストリップに表示Show Embedded Hardware App in Simulink Toolstrip
既定のパラメーター動作Represent numeric block parameters in generated code
ターゲット ハードウェアの命令セット拡張を活用Instruction sets to generate single instruction, multiple data (SIMD) code
リダクションの最適化Single instruction, multiple data (SIMD) code for reduction operation loops
ベクトルの代入に対する memcpy の使用Optimize code generated for vector assignments
memcpy しきい値 (バイト)Specify minimum array size for which memcpy and memset function calls replace for loops for vector assignments
ローカルなブロックの出力を有効にするDeclare block signals locally or globally
ローカル ブロック出力の再利用Reuse local output variables
余分なローカル変数の削除 (式の畳み込み)Specify to fold expressions into single expression
ステート構成を保存するためにビットセットを使用ステート構成変数を保存するためのビットセット
boolean データを保存するためにビットセットを使用Bitsets to store Boolean data
最大スタック サイズ (バイト)Specify maximum stack size for model
ループ展開のしきい値 Specify minimum array size width for generating for loops
インライン不変信号Transform symbolic names of Invariant signals in generated code
浮動小数点から整数への変換で NaN が 0 にマッピングされて飽和したコードを削除Control generation of protective code that handles floating-point to integer conversion for NaN values
float と double を 0.0 に初期化するために memset を使用Control generation of code that explicitly initializes floating-point data to 0.0
範囲外の値をラップする浮動小数点から整数への変換コードを削除Control generation of wrapping code that handles out-of-range floating-point to integer conversion values
再利用可能なサブシステムのバッファーBuffers to enhance reuse of subsystems
自動的に作成される列挙の基本ストレージ型Specify storage type and size of enumerations for state outputs
信号ストレージの再利用Reuse signal memory
コード生成レポートを作成Document generated code in an HTML report
レポートを自動的に開くDisplay code generation reports automatically
コメントを含める生成コードにコメントを含める
Simulink ブロックのコメントSimulink ブロックのコメントを含める
Stateflow オブジェクトのコメントInclude Stateflow object comments
コメントとして MATLAB ソース コードを含めるコメントとして MATLAB ソース コードを含める
消去されたブロックを表示Include eliminated blocks' comments
SimulinkGlobal ストレージ クラスに対する詳細なコメントReduce code size or improve code traceability
識別子の最大の長さSpecify maximum number of characters in identifiers
シミュレーション ターゲットと同じ予約名を使用Specify whether to use reserved names from the Simulation Target pane
予約名Avoid name conflicts with custom code
重複する列挙型メンバー名コード ジェネレーターが、同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出した場合に行うアクションを指定
シミュレーション ターゲットと同じカスタム コードの設定を使用Use custom code settings from the Simulation Target > Custom Code pane
ソース ファイルInclude custom code in the generated model source file
ヘッダー ファイルInclude custom code in the generated model header file
初期化関数Include custom code in the generated model initialize function
終了関数Include custom code in the generated model terminate function
インクルード ディレクトリAdd folders to the include path
ソース ファイルCompile and link additional source files with the generated code
ライブラリ生成コードと追加ライブラリのリンク
定義プリプロセッサ マクロ定義をコンパイラ コマンド ラインに追加

トピック

入門

  • コード生成の構成
    [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスからコード生成に特定のモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更する。

コード生成の構成

モデル アドバイザー

コード生成アドバイザー

モデル コンフィギュレーション パラメーター