Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コードの再利用

コード ジェネレーターが再利用可能な関数コードを生成するモデルの設計

再利用可能なコードを生成できるモデルを設計して、ソフトウェアの配布を簡略化し、ソフトウェアの開発に必要な時間とリソースを削減します。主要な Simulink® コンポーネント化手法を使用してモデルを設計コンポーネントに分割し、シミュレーション、コードの生成、検証を個別に行います。コード ジェネレーターでは、参照モデル、サブシステム、およびライブラリ サブシステムから再利用可能な関数コードを生成します。

トピック

入門

コードの再利用とは

コードを再利用し、コードの再利用と再呼び出しを関連付ける理由。

コードの再利用のコンポーネント化手法の選択

再利用可能なコードを生成する手法の比較。

Simulink Function ブロックとコードの生成

Simulink Function ブロックから再利用可能なコードを生成する。

再利用可能なコード

モデル間で共有されるライブラリ サブシステムからの再利用可能なコードの生成

再利用可能なライブラリ サブシステムを作成して、モデルで共有するサブシステム用のコードを生成する。

サブシステム コードが再利用されない理由

コード ジェネレーターが期待どおりにサブシステム コードを再利用しない理由を判断する。

モデル参照階層からの再利用可能なコードの生成

Model ブロックを使用して最上位モデルから再利用可能なコードを生成する。

コードの再利用のための共有定数パラメーター

モデル間で定数パラメーターとして生成されたコードを共有する。

Stateflow Atomic サブチャートからの再利用可能なコードの生成

リンクされている Atomic サブチャートとリンクされていない Atomic サブチャートで再利用可能なコードを生成する。

再利用可能、再呼び出し可能なコード

再呼び出し可能なコードとは

再呼び出し可能コードを生成する理由。

最上位モデルからの再呼び出し可能なコードの生成

最上位モデルから、再利用可能な再呼び出し可能コードを生成します。

サブシステムからの再呼び出し可能なコードの生成

再利用および再呼び出しが可能なコードをサブシステムから生成する。

Simulink Function ブロックからの再呼び出し可能なコードの生成

スコープがモデルに設定された Simulink Function ブロックから再利用可能な、再呼び出し可能コードを生成する。

再呼び出し可能なマルチインスタンス モデルとコンポーネントでのストレージ クラスの使用

ストレージ クラスを使用して、再呼び出し可能なマルチインスタンス コードを生成するときにデータの表示を制御する。

共有ユーティリティ コード

共有ユーティリティ コードの生成

共通する Model ブロックの機能を補助関数としてモジュール化して共有します。

固定小数点関数の共有ユーティリティ コードの生成

固定小数点サポート関数の再利用可能なコードを生成する。

カスタム データ型の共有ユーティリティ コードの生成

カスタム データ型の再利用可能なコードを生成する。