Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロトタイピングとデバッグのためのデータ アクセス

生成されたコードでのデータのアクセスの設定

モデル内で作成した信号、ステートおよびブロック パラメーターは、生成されたコード内で変数として現れます。これらの変数をコードで宣言および定義する方法を制御できます。

  • 信号データへのアクセスを管理し、パラメーターの調整可能性について指定します。

  • コードの可読性とトレーサビリティを高めます。

  • 識別子および宣言と定義のファイル配置を指定することで、生成されたコードと独自のコードを容易に統合できるようになります。

  • メモリ使用量を減らし、数値データ型を指定することによって、効率的なコードを生成します。

トピック

生成されたコード内のデータ ストレージ

生成されたコードによる内部信号、状態、パラメーター データの保存方法

入力データから出力データを計算するには、生成されたコードは、ブロック状態データおよび非スカラー パラメーター データなどの一部の内部データをメモリに保存しなければならない。

生成されたコードにおける標準のデータ構造体

生成されたコードは、信号や状態などのデータをグローバル構造体に保存します。構造体を使用してデータにアクセスし、統合します。

リアルタイム モデル データ構造体の使用

リアルタイム モデル データ構造体は生成されたモデル コードを記述し、コードが生成されたコードと相互作用できるようにします。

生成されたコードにおける列挙型データの使用

列挙型データは決まった数の値に制約されるデータです。生成されたコードに列挙型を作成します。

生成されたコード内のデータ ストア

データ ストアを使用し、生成されたコード内で共有グローバル データの一部を明示的にモデル化します。

生成されたコードにおけるパラメーターのデータ型

パラメーター データをコンピューター メモリに格納するデータ型を制御することで、生成されたコードを最適化し、特定のプロセッサ向けのコードを生成する。

Simulink、Stateflow および MATLAB から生成されたコード間のデータ共有

Simulink、Stateflow、MATLAB で共有するデータを定義する。

Simulink®、Stateflow® および MATLAB® の固定小数点データを使用した生成コードの最適化

Simulink®、Stateflow® および MATLAB® に固定小数点コードを生成します。

固定小数点データを使用した信号処理アルゴリズムの速度とサイズの最適化

固定小数点音響ノイズ キャンセラーをモデル化する。

配列のレイアウト

行列および配列のコード生成

コード ジェネレーターが行列や配列に対して生成するコードの作業。

S-Function 用の行優先のコードの生成

配列レイアウトの指定による行優先のコード生成用の既存の S-Function の有効化。

MATLAB Function ブロックを含むモデル用の行優先のコードの生成

MATLAB Function ブロック内で coder.rowMajor を使用して行優先のコードを生成する。

Lookup Table ブロックを使用してモデルを列優先レイアウトから行優先レイアウトに変換する

既存の列優先モデルをコード生成用に行優先に変換します。

行優先の配列レイアウトのための内挿アルゴリズム

行優先および列優先の配列レイアウトのための内挿アルゴリズムを使用してコードのシミュレーションおよび生成を実行。

行優先の配列レイアウトのサブテーブル選択アルゴリズムを含む内挿

行優先および列優先の配列レイアウトのサブテーブル選択アルゴリズムを含む内挿を使用したコードのシミュレーションおよび生成。

行優先の配列レイアウトのための直接ルックアップ テーブル アルゴリズム

行優先および列優先の配列レイアウトのための直接ルックアップ テーブル アルゴリズムを使用したコードのシミュレーションおよび生成。

実行中のデータ アクセス

信号、状態、パラメーター データへの実行時のアクセス

モデルの反復的な開発においては、モデル実行で生成される出力信号や状態のデータを取得します。実行時にはパラメーターの値の調整を行い、出力での結果を確認する。

生成コード内の変数の保持

モデルの反復的な開発において、生成されたコードのシミュレーションまたは実行中にブロック パラメーター値を調整して、信号値および状態値の結果を確認できます。

シミュレーションおよびコード実行時のパラメーター値セットの切り替え

独立した値のセットを構造体配列に格納して、同じブロック パラメーターのこのセットを切り替えます。

生成されたコードにおける調整可能なキャリブレーション パラメーターの作成

生成されたコードで、ラピッド プロトタイピングおよびキャリブレーション時にアクセスできる調整可能なパラメーター データを作成します。

異なるデータ型のコンテキストでパラメーター データを再利用

異なるデータ型のコンテキストで使用できる Simulink.Parameter オブジェクトまたは MATLAB の数値変数を作成して、パラメーター データを再利用します。

生成されたコードにおけるブロック パラメーターの調整可能性の制限

ブロック パラメーターが生成されたコードに調整可能として表示されないように制限できます。これは、コードをコンパイルした後にパラメーター値を操作できなくなることを意味します。

生成されたコードにおける信号および状態の初期化の制御

たとえば、シャットダウンおよび再起動を行うシステムのモデル化のために、調整可能な初期条件をメモリに格納できるようにするコードを生成します。

生成されたコードでの信号、状態、パラメーター データの初期化

Simulink でシミュレーションの数値を一致させるには、特にブロックの状態とパラメーターに対する初期値を生成されたコードでグローバル データに代入します。

再利用可能な参照モデルへのインスタンス固有パラメーター値の指定

再利用可能なコンポーネントを参照モデルとして作成する場合、コンポーネントのインスタンスに同じ値を使用するか、インスタンスごとに異なる値を使用するように、ブロック パラメーターを設定します。

生成されたコードにおける構造体へのデータの整理

生成されたコードで信号、状態、パラメーター データの構造体を作成する。