最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成の基礎

コード生成プロセスの概要

コード生成の基本手順は次のとおりです。

  • モデルを開く

  • "ソルバー、"ターゲット"、"言語" およびコード生成の "目的" を選択して、コード生成のモデルを構成

  • ビルド アプローチ ("ツールチェーン アプローチ" など) を選択

  • モデルのビルド

モデル コンフィギュレーション パラメーターにはコード生成とビルド プロセス用にさまざまなオプションが用意されています。

アプリ

Simulink Coderシミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションなどのアプリケーションで使用するために、Simulink モデル、Stateflow チャート、MATLAB 関数から C および C++ コードを生成して実行する

トピック

入門

Simulink® Coder™ を使用したコード生成

Simulink® モデルのシステム ターゲット ファイルの選択、リアルタイム シミュレーション用の C コードの生成、および生成されたファイルの表示。

モデルの構成、コード生成およびシミュレーション

モデルの機能設計、最上位モデルとサブシステムの表示、およびシミュレーションの実行について、例を使用して学習します。

クイック スタート ツールを使用したコードの生成

ラピッド プロトタイピング用のコードをすばやく生成するためのモデルの準備。

航空機の位置レーダー モデル

航空機の位置をレーダーの測定値から推定する拡張カルマン フィルターを含むモデルのコードを生成します。

コード生成ファイルとフォルダー

ビルド プロセスのフォルダーの管理

コード ジェネレーターが作成するフォルダーを管理します。

ビルド プロセスのファイルの管理

コード ジェネレーターによって生成されるソース ファイルと依存ファイルの作業。

ビルド プロセスのファイルの依存関係の管理

コード ジェネレーターによって生成されるソース ファイルと依存ファイルの作業。

ビルド プロセスの依存関係の追加

ビルド プロセスに外部コードの依存関係情報を追加する。

スペースまたは特殊文字を含むフォルダー名のビルド プロセスでのサポート

ファイル システムの問題によってファイルの処理が妨げられている場合に発生するビルド プロセス エラーのトラブルシューティング。

その他のコード生成制御のオプション

地域と言語の設定とコード生成

効率的なグローバリゼーションのための地域と言語の設定のサポート。

packNGo を使用した別の開発環境へのコードの再配置

コード ジェネレーターの packNGo オプションを使用して 1 つの場所でコードを生成します。

プロジェクトによるコード生成

プロジェクトでのコードの生成とモデルのシミュレーション

この例では、新規プロジェクト用のコード生成テンプレートの使用方法を示します。

プロジェクトを使用したプログラムによるコードの生成とモデルのシミュレーション

この例では、プロジェクト API を使用して新しいプロジェクトを作成し、ファイルを操作するためのプロジェクト タスクを自動化する方法を示します。