最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コードの外観

識別子、コード スタイルおよびコメントを変更するパラメーターの設定

コードの外観の設定は、コード生成に以下のような影響を与えます。

  • 識別子の名前が競合する可能性の軽減

  • 生成された識別子でコード ジェネレーターの使用しないカスタムの予約語を選択可能

トピック

コード コメントの構成

コード ジェネレーターで生成コードにコメントを挿入する方法は、[コード生成]、[コメント] ペインでパラメーターを変更することによって構成します。

生成コードに MATLAB コードをコメントとして含める

MATLAB Function ブロックに対して生成されたコードと MATLAB® ソース コードとの相互関連付け。

生成される識別子の構成

GRT および RSim ターゲットでは、コード ジェネレーターは生成コード内に変数と関数の識別子を自動的に作成します。

識別子名の競合とマングリング

識別子の生成では、同じ識別子が複数生成されることがあり、そうした状況は "名前の競合" と呼ばれます。

名前の競合を回避するために識別子の長さを指定する

[識別子の最大の長さ] パラメーターを使用して、関数、型定義および変数名の文字数を制限する。

予約キーワード

コード ジェネレーターを使用して C または C++ コードを生成する場合、モデルには内部使用のために予約されているキーワードが含まれていてはなりません。

生成される識別子の予約名を指定する

コード生成プロセスで使用しない一連の名前を指定する。