最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロックのオーサリングとカスタマイズ

ユーザー定義のブロックに対するコード生成の動作の定義

Simulink® エンジンと相互作用する API を使用する外部コードを表します。S-Function を使用して、デバイス ドライバー、ルックアップ テーブル、一般関数およびインターフェイスなど、既存の C (または C++) 関数を統合できます。

生成されたコードをカスタマイズして、メモリ要件と実行速度を改善します。Target Language Compiler を使用して、S-Function をインライン化する C MEX S-Function のターゲットを記述できます。S-Function のインライン化により、S-Function ブロックのコードをモデルの生成コードに組み込み、オーバーヘッドを削減します。

  • S-Function
    外部コードを表現する S-Function の開発、Target Language Compiler (TLC) ブロック ターゲット ファイルでの S-Function のインライン化
  • Target Language Compiler
    Target Language Compiler を使用したブロックのコード生成動作の定義