Main Content

Target Language Compiler

Target Language Compiler を使用したブロックのコード生成動作の定義

Target Language Compiler (TLC) はコード ジェネレーターに不可欠な部分です。TLC を使用して生成コードをカスタマイズします。カスタマイズによって、プラットフォーム固有のコードを生成したり、パフォーマンス、コード サイズ、既存のメソッドとの互換性用に独自のアルゴリズムの変更を組み込むこともできます。

Target Language Compiler を使用して、以下のことを実行できます。

  • システム ターゲット ファイルで指定されたオプションのセットをカスタマイズ。

  • S-Function ブロック用にコードをインライン化。

  • 追加またはさまざまなタイプのファイルの生成。

TLC の基本については、Target Language Compiler の基礎を参照してください。

トピック

入門

Target Language Compiler チュートリアル

コード生成アーキテクチャ

  • Build Process
    Create and use target language files.
  • TLC の構成
    コンフィギュレーション データを set_param コマンドに渡してビルドをカスタマイズする。
  • TLC による生成コードの構成
    Target Language Compiler を使用して特定の方法でソース コードを生成し、コード固有の特徴をもたる。
  • コード生成の概念
    TLC 変数とファイルおよびレコードの処理について理解する。
  • TLC ファイル
    システム ターゲット ファイルおよびブロック ターゲット ファイルの役割と種類について学ぶ。
  • TLC でのデータ処理
    TLC ライブラリ関数でデータをデータ構造体に変換できます。

model.rtw ファイル

命令と組み込み関数

S-Function インライン化

TLC ライブラリ参照

デバッグとエラー処理

  • TLC デバッガーの使用
    TLC デバッガーを使用して、TLC コードを 1 行ずつ実行する、指定したブロックのスコープ内の変数を解析/変更する、TLC 呼び出しスタックを表示する。
  • TLC カバレッジ
    どの TLC ステートメントが実行されるかを確認する。
  • TLC Profiler
    Measure the execution time of each TLC function.
  • TLC Error Handling
    Use this alphabetical list of error messages to detect and address error conditions in your TLC code.