最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

clone

HTML オブジェクトのコピー

構文

clonedHTMLObj = clone(sourceHTMLObj)

説明

clonedHTMLObj = clone(sourceHTMLObj) は、指定した HTML オブジェクトを子を含めてコピー (複製) します。

入力引数

すべて展開する

コピーする HTML オブジェクト。mlreportgen.dom.HTML オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて展開する

コンテンツが追加された HTML オブジェクト。mlreportgen.dom.HTML オブジェクトとして返されます。

すべて展開する

HTML テキストから HTML オブジェクトを作成して、Microsoft® Word レポートに使用します。

import mlreportgen.dom.*;
rpt = Document('ClonedHTMLReport','docx');     
htmlObj1 = HTML('<p><b>Hello</b> <i style="color:green">World</i></p>');

HTML オブジェクトをレポートに追加します。

append(rpt,htmlObj1);

HTML オブジェクトをコピーして、そのコピーをレポートに追加します。

htmlObj2 = clone(htmlObj1);
append(rpt,htmlObj2);

レポートを生成します。

close(rpt);
rptview(rpt.OutputPath);

R2015a で導入