最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java メモリの使用法

MATLAB® Report Generator™ は、Java ヒープ メモリを使用して PDF ドキュメントを生成します。MATLAB によって割り当てられる既定の Java ヒープ サイズは、大きな PDF ドキュメントを変換するのに十分でない可能性があります。レポートの変換時に Java ヒープ メモリが不足した場合に生じるエラーは次のとおりです。

Document conversion failed. Java exception occurred: 
java.lang.OutOfMemoryError

PDF ドキュメントを生成するには、Java ヒープ領域を最大量に増やします。

  1. MATLAB ツール バーで [設定] をクリックします。

  2. [一般] を展開します。

  3. [MATLAB 一般 Java ヒープ メモリ設定] パネルを開くには、[Java ヒープ メモリ] をクリックします。

  4. スライダーを右端まで移動させて、Java ヒープ サイズを最大値に設定します。

  5. 新しい Java ヒープ サイズを有効にするには、MATLAB を再起動します。