最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

図の作成と書式設定

図の作成

プレゼンテーション用の図を作成するには、mlreportgen.ppt.Picture コンストラクターを使用します。図のファイルのパスを指定します。図のファイルには、以下のいずれかの形式を使用しなければなりません (.svg 形式は使用できません)。

  • .bmp

  • .emf

  • .eps

  • .gif

  • .jpeg

  • .jpg

  • .png

  • .tif

  • .tiff

例:

import mlreportgen.ppt.*
slides = Presentation('slides');
pictureSlide = add(slides,'Blank');

plane = Picture(which('b747.jpg'));
plane.Width = '5in';
plane.Height = '2in';

add(pictureSlide,plane);

close(slides);

図の書式設定

Picture オブジェクトを作成するとき、位置、幅、高さを指定できます。指定された書式設定は、図をスライドに追加したり Picture オブジェクトを置き換えるときに適用されます。PicturePlaceholder オブジェクトを Picture オブジェクトに置き換えると、PowerPoint® は、置き換えられた図がプレースホルダーの位置と寸法に収まるように調整します。

Picture オブジェクトには以下の書式プロパティを設定できます。

Picture オブジェクトの書式設定書式オブジェクト書式プロパティ

図の左上の x 座標

N/A

X

図の左上の y 座標

N/A

Y

図の幅

N/A

Width

図の高さ

N/A

Height

参考

クラス

関連する例

詳細