最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

段落の作成と書式設定

段落の作成

Paragraph オブジェクトを作成するには、mlreportgen.ppt.Paragraph コンストラクターを使用します。次が可能です。

  • 空の Paragraph オブジェクトを作成する。

  • 段落のテキスト用の文字ベクトルを指定する。

  • Text または ExternalLink オブジェクトを段落のテキストとして指定する。

Paragraph オブジェクトを作成した後、文字ベクトルまたは Text オブジェクトを追加して、段落にテキストを追加できます。追加する Text および ExternalLink オブジェクトにそれぞれ個別の書式設定を指定できます。

段落のコンテンツの書式設定

既定の書式設定を指定して、段落のテキストに適用できます。段落の書式設定は、追加するテキストに適用されます。既定の段落の書式設定をオーバーライドする書式設定が指定されていないかぎり、段落の書式設定は段落の TextExternalLink オブジェクトに適用されます。たとえば、次のコードは赤と緑の交互のテキストを生成します。

p = Paragraph('Default paragraph green text');
p.FontColor = 'green';

redText = Text('  red text');
redText.FontColor = 'red';
append(p,redText);

moreText = Text('  back to default green text');
append(p,moreText);

Paragraph オブジェクトの書式設定書式オブジェクト書式プロパティ

フォント ファミリ

FontFamily

Font

ロケールを処理するコンプレックス スクリプト用のフォント ファミリ

FontFamily

ComplexScriptFont

フォント サイズ

FontSize

FontSize

太字

Bold

Bold

フォント カラー

FontColor

FontColor

イタリック

Italic

Italic

取り消し線

Strike

Strike

下線

Underline

Underline

下付き文字

Subscript

Subscript

上付き文字

Superscript

Superscript

水平方向の配置

HAlign

HAlign

インデントのレベル

PowerPoint® テンプレートを使用して、各レベルの書式設定を指定します。

N/A

Level

ヒント

Paragraph オブジェクトのテキストが下付き文字または上付き文字となるように指定できますが、Text オブジェクトで Subscript または Superscript プロパティ設定を使用すると柔軟性がより高まります。

参考

クラス

クラス

関連する例

詳細