最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レポート API または DOM API オブジェクトの作成

レポート API と DOM API には、さまざまなタイプまたはクラスのオブジェクトを作成するために、コンストラクターと呼ばれる一連の MATLAB® 関数が含まれています。

オブジェクト コンストラクターの名前は、API のオブジェクトの作成元となる MATLAB クラスの名前です。

レポート API オブジェクトの作成

レポート API コンストラクター名の修飾子は mlreportgen.report です。たとえば、レポート API 章オブジェクトのコンストラクターの名前は mlreportgen.report.Chapter です。一部のコンストラクターは引数を必要としません。他のコンストラクターは 1 つ以上の引数を取ります。引数は一般的に、コンテンツとプロパティを指定します。たとえば、次のコードはタイトルが My Chapter の章を作成します。

chap = mlreportgen.report.Chapter('My Chapter');

コンストラクターは作成するオブジェクトのハンドルを返します。ハンドルを変数に割り当てると、オブジェクトへのコンテンツの追加や、プロパティの設定ができます。たとえば、次のコードは章オブジェクト chap に、タイトル付きの節を追加します。

add(chap,Section('Detailed Description'));

DOM API オブジェクトの作成

DOM API コンストラクター名の修飾子は mlreportgen.dom です。たとえば、DOM 段落オブジェクトのコンストラクターの名前は mlreportgen.dom.Paragraph です。一部のコンストラクターは引数を必要としません。他のコンストラクターは 1 つ以上の引数を取ります。引数は一般的に、初期コンテンツとプロパティを指定します。たとえば、次のコードは初期コンテンツが Chapter 1 の段落を作成します。

para = mlreportgen.dom.Paragraph('Chapter 1.');

コンストラクターは作成するオブジェクトのハンドルを返します。ハンドルを変数に割り当てると、オブジェクトへのコンテンツの追加や、プロパティの設定ができます。たとえば、次のコードは段落オブジェクト p にコンテンツを追加します。

append(para,'In the Beginning');

関連するトピック