Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マニピュレーター アルゴリズムの設計

剛体ツリー モデル、逆運動学、ダイナミクス、軌跡

以下の Robotics System Toolbox™ のマニピュレーター アルゴリズムは、多関節シリアルリンク ロボットに関連するワークフローをサポートします。rigidBodyTree オブジェクトを使用して、構造要素としての剛体と、接続および運動のためのジョイントで構成されるロボット モデルを定義します。このロボット表現には、運動学的拘束とダイナミクス プロパティが含まれています。ジョイント空間とタスク空間の運動モデルを使用して、入力コマンドからロボットの動作を生成します。

ロボットの記述が URDF ファイルまたは Simscape™ Multibody™ モデルである場合は、importrobot を使用してインポートできます。

逆運動学を使用して、目的のエンドエフェクタ位置に基づくジョイント コンフィギュレーションを取得します。カメラをワークスペースに向けるなど、追加の外的拘束を加えます。計画されたパスを実行するために、滑らかな軌跡を生成します。衝突を検出するかクリアランスを計算して、パスの実行中に衝突を回避します。

注目の例