Main Content

トーテムポール PFC

この例では、トーテムポール力率補正 (PFC) 回路の整流電圧を制御する方法を説明します。MOSFET Q1 および Q2 は 50 kHz の高速スイッチング レグを構成します。MOSFET Q3 および Q4 は線周波数の低速スイッチング レグを構成します。制御サブシステムでは、PI ベースのカスケード制御構造が使用されます。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでの整流電圧の要求値と測定値、およびインダクター電流を示しています。