ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape チェックを使用したリアルタイム シミュレーション用 Simscape Electrical モデルの準備

Simulink® Real-Time™ ライセンスがある場合、Simulink パフォーマンス アドバイザーで [リアルタイム アプリケーションを実行] アクティビティ モードを使用して、モデルをリアルタイム実行向けに最適化できます。このモードには、物理モデル固有のチェックがいくつか含まれています。たとえば、Simulink パフォーマンス アドバイザーによって特定される Simscape™ Solver Configuration ブロックの設定は、リアルタイム シミュレーションに最適ではありません。最適な結果を得るには、Solver Configuration ブロックで [ローカル ソルバーを使用] オプションと [固定コストでの実行時整合性の反復を使用] オプションを選択している必要があります。

チェックは複数のフォルダーにまとめられています。[Simscape チェック] フォルダー内のチェックは、すべての物理モデルに使用できます。サブフォルダーには、Simscape Electrical™ のブロックと Simscape Driveline™Simscape Multibody™ のような他のアドオン製品のブロックをターゲットとするチェックが含まれています。

チェックを実行する前に、リアルタイム モデルの準備のワークフロー (Simscape)、リアルタイム シミュレーション ワークフロー (Simscape)、およびハードウェアインザループ シミュレーションのワークフロー (Simscape)で説明されているプロセスを使用します。

Simulink Real-Time パフォーマンス アドバイザーのチェックを実行するには、次を行います。

  1. Simulink エディターのメニュー バーで、[解析][パフォーマンス ツール][パフォーマンス アドバイザー] を選択します。

  2. パフォーマンス アドバイザー ウィンドウの [アクティビティ] で、[リアルタイム アプリケーションを実行] を選択します。

  3. 左側のペインで [リアルタイム] フォルダー、[Simscape チェック] フォルダーの順に展開します。

  4. 最上位の Simscape チェックと Simscape Electrical チェックを実行します。モデルに他のアドオン製品のブロックが含まれている場合は、その製品に対応するサブフォルダーのチェックも実行します。

関連するトピック