Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

SPICE ネットリストからの指数ダイオードのパラメーター化

コンポーネント モデルに必要なデータがすべてはデータシートに指定されていない場合、別のソースとしてコンポーネントの SPICE ネットリストがあります。コンポーネントは、サブサーキットと呼ばれる特定タイプの SPICE ネットリストによって定義されます。サブサーキットは、定義方程式の係数を定義します。大半のコンポーネント メーカーは、Web サイト上でサブサーキットを利用できるようにしています。その形式は ASCII で、パラメーターを直接読み取ることができます。BZX384-B4V3 のサブサーキットは、Philips Semiconductors から入手できます。

サブサーキットのデータは、Simscape™ Electrical™ Diode ブロックのパラメーター化に、データシートと併用して、あるいは単独で使用できます。たとえば、オーム抵抗はサブサーキットに RS = 0.387 と定義されています。これにより、例 2 で欠落している情報が提供されます。

別のワークフローとしては、Simscape Electrical Additional Components/SPICE Semiconductors サブライブラリを使用する方法があります。このサブライブラリの SPICE Diode ブロックは、以下を設定することでサブサーキットから直接にパラメーター化できます。

  • [飽和電流、IS]1.033e-15

  • [オーム抵抗、RS]0.387

  • [放出係数、N]1.001

  • [ゼロバイアス接合容量、CJO]2.715e-10

  • [接合電位、VJ]0.7721

  • [グレーディング係数、M]0.3557

  • [静電容量係数、FC]0.5

  • [逆ブレークダウン電流、IBV]0.005

  • [逆ブレークダウン電圧、BV]4.3

サブサーキットのパラメーターとデータシートの値に 1 対 1 の対応がある場合、数値がしばしば異なっていることに注意してください。その理由の 1 つは、データシート値が最大値に対応している場合があるのに対して、サブサーキットの値は通常、ノミナル値であるためです。この例で、CJO の値 271.5 pF が、データシートにあるゼロ バイアス時の静電容量 450 pF と異なっているのは、この理由によるものです。