Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ノイズのあるオペアンプ

この例では、ノイズを電気シミュレーションに組み込む方法を示します。この回路では、ゲインが 100、高周波数ロールオフ周波数が 10 MHz のアンプをモデル化します。オペアンプはノイズを追加します。データシートは、等価電圧ノイズ密度 20 nV / Hz ^ 0.5 を指定していると仮定します。これは、ノイズ電圧源 Vn を使用して実装します。オプションで、ブロックのノイズ モードで [有効] を選択すると、抵抗器 R1 および R2 によって生成される熱ノイズも含めることができます。しかし、このモデルを別のノイズ源の組み合わせで実行すると、主なノイズ源が等価ノイズ電圧であることが示されます。

モデル

スペクトル アナライザーでのシミュレーション結果