Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ルックアップ テーブルに基づく MOSFET の SPICE からのパラメーター化

この例では、金属酸化物半導体電界効果トランジスタ (MOSFET) の SPICE シミュレーション結果を使用して、Simscape™ で N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) のパラメーター値を設定する方法を説明します。その後、Simscape の N チャネル MOSFET の特性を SPICE ネットリストのシミュレーション結果と比較します。

N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) モデルを開く

MOSFET サブサーキットを開く

サブサーキットには、N チャネル パワー トランジスタの SPICE モデルが含まれています。これを開くには、MATLAB コマンド ウィンドウに「edit IAUC100N04S6L014.cir」と入力します。

伝達特性ネットリストの作成

サブサーキットのターゲット動作範囲を指定する SPICE ネットリストを作成できます。ネットリスト IAUC100N04S6L014_idvgs.net は、ドレイン-ソース電圧リストを使用して伝達特性をシミュレートします。

* Transfer characteristic of MOSFET IAUC100N04S6L014
.opt DampInductors=0 Thev_Induc=1 Gfarad=0 Gfloat=0 reltol=1e-05 abstol=1e-05 vntol= 1e-05 Gmin=0 cshunt=0 cshuntintern=0 gshunt=0 topologycheck=0

X1 dut1 dut2 dut3 dut4 dut5 IAUC100N04S6L014
V1 dut1 0 2
V2 dut2 0 pwl(0 0 20 4.5)
V3 dut3 0 0
V5 dut5 0 27
.step V1 list 2 5 8 11 14
.tran 1m 20
.lib IAUC100N04S6L014.cir
.end

伝達特性を表すルックアップ テーブルのパラメーターの設定

必要な MOSFET の伝達特性を得るには、SPICE でシミュレーションを実行します。ee_mosfet_tabulated_setparam スクリプトは、IAUC100N04S6L014_idvgs1.raw の生ファイルに保存されているシミュレーション結果を使用して、N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) のパラメーター値を設定します。

伝達特性の比較

以下のプロットでは、N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) の伝達特性を SPICE サブサーキットのシミュレーション結果と比較しています。

出力特性ネットリストの作成

N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) をパラメーター化するために、出力特性の SPICE データも使用できます。ネットリスト IAUC100N04S6L014_idvds.net は、ゲート-ソース電圧リストを使用して伝達特性をシミュレートします。

* Output characteristic of MOSFET IAUC100N04S6L014
.opt DampInductors=0 Thev_Induc=1 Gfarad=0 Gfloat=0 reltol=1e-05 abstol=1e-05 vntol= 1e-05 Gmin=0 cshunt=0 cshuntintern=0 gshunt=0 topologycheck=0

X1 dut1 dut2 dut3 dut4 dut5 IAUC100N04S6L014
V1 dut1 0 pwl(0 0 20 15)
V2 dut2 0 2
V3 dut3 0 0
V5 dut5 0 27
.step V2 1 4 0.5
.tran 2m 20
.lib IAUC100N04S6L014.cir
.end

出力特性を表すルックアップ テーブルのパラメーターの設定

生ファイル IAUC100N04S6L014_idvds1.raw には、SPICE でシミュレートした出力特性が保存されています。生ファイルのパスやプロット タイプは Define Conditon で変更できます。または、関数 set_param を使用して変更することもできます。

出力特性の比較

以下のプロットでは、N チャネル MOSFET (ルックアップ テーブルに基づく) の出力特性を SPICE サブサーキットのシミュレーション結果と比較しています。