Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Y パラメーターを使用した MOSFET の特性

この例では、NMOS トランジスタの I-V 特性と C-V 特性の生成を示します。Define Sweep Parameters ブロックをダブルクリックして、ゲートの電源電圧スイープとドレインの電源電圧スイープのバイアス条件と、生成するプロットのタイプを定義します。次に、モデルの [プロットを生成] ハイパーリンクをクリックします。出力静電容量 C_oss は、ドレイン電源電圧のスイープに対してのみ表示されます。C-V 特性は生成にそれぞれ数分かかる場合があることに注意してください。

この種の解析を使用してメーカーのデータシートと比較して、トランジスタのパラメーターが正しく実装されていることを確認できます。これは、DC トランジスタ特性と AC トランジスタ特性の両方に適用されます。また、このモデルを使用して、非線形静電容量特性をバイアス条件の関数として確認できます。

Analyzer ブロックをダブルクリックして、基となる回路を表示します。AC 小信号電圧が、DC バイアス電圧の上に重ね合わされます。DC 特性は、応答の AC 部をフィルター処理することで得られます。小信号の Y パラメーターは、DC 電流を合計電流 (AC + DC) から減算して、その後に小信号励磁電圧で除算することによって得られます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、選択したパラメーターに対して適切になるように、Id、Ciss、Crss、Coss を Vgs または Vds の関数として示しています。定義されたバイアス条件の範囲で、連続シミュレーションが実行されます。小信号測定を処理するために、すべてのバイアス ポイントが落ち着くまで特定の AC サイクル回数分放置されてから、測定値がプロット用に記録されます。