Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

GPIO、ADC および DAC 接続をもつマイクロコントローラー

この例では、マイクロコントローラー ユニット (MCU) と物理システムの間のインターフェイスをモデル化する方法を示します。ここでは、マイクロコントローラーの GPIO、ADC、および DAC 接続を使用して、角運動が限定された DC モーターと接続負荷を制御します。ポテンショメーターのセンサーを介して、負荷角度を測定します。この測定値のキャリブレーションを行うため、最初に、フォトダイオードが LED からのゼロ角度の光パルスを検出するまで回転子の位置を上昇させます。キャリブレーションが完了したら、MCU は 0.1 Hz、45 度振幅の正弦波の生成を命令します。

モデル

コントローラー サブシステム

GPIO 1 サブシステム

Motor Driver サブシステム

Photodiode サブシステム

Potentiometer サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、モーター制御システムのパフォーマンスを示しています。シミュレーションの開始時に、コントローラーは、モーター シャフトの既知の位置 (0 度) が見つかるまでモーターを回転させます。その後、コントローラーが基準信号を追跡します。