Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

フィードバック付き線形電圧レギュレーター

この例では、離散コンポーネントから作成された、単純な電圧レギュレーター回路を示します。20 V DC に 1 V の正弦波変動を加えた、変動する電源がモデル化されています。ツェナー ダイオード D1 は、オペ アンプの非反転入力を 3.2 V に設定します。オペ アンプのゲインは大きいため、オペ アンプの反転入力と反転出力も 3.2 V になります。したがって、制御器の出力電圧は 3.2*(1000+470)/470 = 10 V に調整されます。典型的なオペ アンプによって可能な値よりも大きな電流を提供するには、NPN バイポーラ トランジスタが必要です。このモデルを使用して回路の動作を確認し、また必要な電圧制御を得るためのコンポーネントの選択に役立てることができます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、入力電圧が変動しても電圧レギュレーターの出力が 10 V 付近で一定に維持されている様子を示しています。