Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

IPMSG の電圧安定化

この例では、内部永久磁石同期発電機 (IPMSG) をベースとしたハイブリッド電気自動車 (HEV) 用低電圧発電機システムを制御する方法を説明します。Control サブシステムには、外側の電圧制御ループと内側の 2 つの電流制御ループをもつ、マルチレートの PI ベース カスケード制御構造が含まれています。Control サブシステムのタスク スケジューリングは、Stateflow® のステート マシンとして実装されます。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。内燃エンジンを表す理想的な角速度源が IPMSG を駆動します。IPMSG は、負荷 R1 および R2 に低電圧電力を供給します。t = 0.4 秒で、スイッチが閉じ、負荷が増加します。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、負荷が変化するときに、要求された DC 電圧がシステムによってどの程度維持されるかを示しています。