Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

追加のパラメーター化ワークフロー

SPICE ツールのデータを使用した検証

パラメーター化された Simscape™ Electrical™ コンポーネントを検証するには、その動作を、メーカーの SPICE ネットリストを使用する専用回路シミュレーション ツールのデータと比較します。関連する操作点と周波数全体でデータを検証するコンポーネント用に、テスト ハーネスを必ず作成してください。

外部データに対するパラメーターの調整

デバイスに対するラボの測定値があるか、別のシミュレーション環境のデータがある場合、これを使用して、同等の Simscape Electrical コンポーネントのパラメーターを調整することができます。パラメーター調整の例は、データからの太陽電池パラメーターの抽出を参照してください。

SPICE ネットリストと同等のモデルの作成

SPICE ネットリストからの指数ダイオードのパラメーター化での SPICE ネットリストからのパラメーター化は比較的簡単です。これは、ネットリストが単一のデバイス (ダイオード) とそれに対応するモデル カード (パラメーター) を定義しているためです。一方、オペアンプのネットリストには、10 を超えるデバイスに加えて、それをサポートするモデル カードが載っている場合があります。原理的には、[Simscape][Electrical][Additional Components] ライブラリの SPICE 互換ブロックを使用して、より複雑なデバイスと同等の独自モデルを作成することは可能です。ネットリストの情報を使用してコンポーネント同士を接続します。着手する前に、必要なすべての SPICE 互換コンポーネント モデルが Additional Components サブライブラリにあることを確認してください。

モデル化するデバイス モデルが複雑な場合 (数百のコンポーネント)、外部回路シミュレーターによるコシミュレーションのほうがより適したアプローチとなることがあります。

参考