ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

三相同期機の制御

この例では、Synchronous Machine を制御および初期化する方法を示します。テスト回路は、発電機として使用される Synchronous Machine を示しています。端子電圧は AVR を使用して制御され、速度は調速機を使用して制御されます。

SM 電動機のベース値と初期条件を表示するには、Synchronous Machine Round Rotor (standard) ブロックを右クリックして [Electrical] を選択し、次に [Display Base Values]、[Display Associated Base Values]、または [Display Associated Initial Conditions] を選択します。モデル全体は、周期的定常状態で起動し、250 MW/15 Mvar の負荷を供給するように初期化されています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、Synchronous Machine の端子電圧と回転子速度を示しています。