Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

三相 PMLSM 駆動装置

この例では、三相永久磁石線形同期機 (PMLSM) 駆動装置内の位置を制御する方法を説明します。Control サブシステムでは、外側の位置制御ループ、速度制御ループ、内側の 2 つの電流制御ループという 3 種類の制御ループをもつ PI ベース カスケード制御構造を使用します。制御された三相コンバーターが PMLSM に電力を供給します。シミュレーションではステップ指令値を使用します。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでの要求位置と測定位置、および電気駆動装置の線形速度を示しています。