ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

三相非同期機の起動

この例では、誘導機の Y-Δ 起動回路をモデル化する方法を示します。電源がスイッチ S1 を介してマシンに接続されている場合、スイッチ S2 は初期状態でオフになっているのでマシンは Y コンフィギュレーションで接続されています。マシンが同期速度に近づくと、スイッチ S2 が作動し、それによりマシンが Δ コンフィギュレーションで再接続されます。モーターが Y コンフィギュレーションのとき、電源で見られるインピーダンスが高いほど起動電流は減少し、接続されている他の負荷に対する乱れが少なくなります。

モデル