最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スーパーコンデンサの充電と放電の動作

この例では、Supercapacitor ブロックが充電されてから放電する際の、電圧出力を説明します。充電のために、スーパーコンデンサに 100 mA の電流が 100 秒間入力されます。次に、スーパーコンデンサは 1 分間そのままの状態に置かれます。次の 1 時間、スーパーコンデンサを放電させるために、50 mA の負荷が 50 秒ごとに 1 秒間かけられます。その後、シミュレーション終了時までスーパーコンデンサはそのままの状態に置かれます。スコープに、スーパーコンデンサの充電時と放電時の電流と電圧が表示されます。

モデル