最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ひずみゲージとホイートストン ブリッジ

このモデルは、ひずみゲージと測定アンプをモデル化する方法を示します。ひずみゲージは、ホイートストン ブリッジの 1 つのレッグを形成し、このレッグが異なるアンプに接続されています。次に、2 番目のオペアンプを使用して、測定信号へのローパス フィルターを増幅して適用します。オペアンプはシステム レベルでモデル化され、開ループ帯域幅、ゲイン、最大スルー レートなどのパラメーターはユーザーが指定します。この回路では、ダイナミクスは主にローパス フィルターによって設定されます。オペアンプの帯域幅と最大スルー レートは、ステップ応答にほとんど影響しません。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

このコードは、2 つのテストから得られた ee_strain_gauge のモデルから、測定された実際のひずみをプロットします。最初のテストでは、ローパス フィルター内の抵抗器とコンデンサを、それらの許容誤差範囲の最大値に設定します。2 番目のテストでは、これらのコンポーネントの値を、許容誤差範囲の最小値に設定します。このプロットは、これがひずみ測定に及ぼす影響を示します。