Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

PMSM 位置制御

この例では、PMSM をベースとする電気駆動装置において回転子の位置を制御する方法を説明します。理想的なトルク源が負荷を提供します。Control サブシステムでは、外側の位置および速度制御ループと内側の電流制御ループという 2 つの制御ループをもつカスケード制御構造を使用します。最適状態フィードバック型の線形 2 次制御器が、位置と速度を制御します。ルーエンバーガー オブサーバーが負荷を推定します。内側の電流制御ループは、PI コントローラーを使用して実装されます。PMSM には、制御された三相インバーターから電力が供給されます。シミュレーションではステップ指令値を使用します。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでの要求角度と測定角度、および電気駆動装置の回転子速度を示しています。