最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

太陽光発電機

この例では、過去の放射照度データを使用してパフォーマンスをシミュレートするために使用できる、太陽光発電機のシステム レベル モデルを作成する方法を示します。ここでは、雲量の変化の効果を近似する放射照度を変化させることで、モデルをテストします。放射照度が変化した直後に発電量もステップ変化します。環境温度もテスト中に変化します。DC-AC コンバーターの効率は、97% 固定と仮定されています。この値は、ee_solar_converter モデル例によって決定されています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、1 時間にわたるテストにおける、パネルの電力出力と温度を示しています。時間の経過に伴って環境温度が変化し、パネルの温度とその変換効率に影響を与えます。

以下のプロットは、パネル温度と放射照度に対するパネルの電圧出力を示しています。ある温度と放射照度に対して、太陽光パネルには最大効率になる電圧供給があります。プロット上の青い点は特定のテストからの測定値で、表面はこれらの点に対する多項式近似です。制御システムは、パネルから供給される電圧がこの表面から外れず、パネルの効率を最大限に高めるよう試みます。