最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ノイズのあるオペアンプ

この例では、ノイズを電気シミュレーションに組み込む方法を示します。この回路では、ゲインが 100、高周波数ロールオフ周波数が 10 MHz のアンプをモデル化します。オペアンプはノイズを追加します。データシートは、等価電圧ノイズ密度 20 nV / Hz ^ 0.5 を指定していると仮定します。これは、ノイズ電圧源 Vn を使用して実装します。オプションで、ブロックのノイズ モードで [有効] を選択すると、抵抗器 R1 および R2 によって生成される熱ノイズも含めることができます。しかし、このモデルを別のノイズ源の組み合わせで実行すると、主なノイズ源が等価ノイズ電圧であることが示されます。

モデル

スペクトル アナライザーでのシミュレーション結果

Warning: The file containing block diagram 'ee_opamp_noise' is shadowed by a
file of the same name higher on the MATLAB path. This can cause unexpected
behavior. For more information see <a href="matlab:helpview([docroot
'/toolbox/simulink/helptargets.map'], 'shadowing')">"Avoiding Problems with
Shadowed Files"</a> in the Simulink documentation.

The file containing the block diagram is:
/mathworks/devel/bat/Bdoc19b/build/matlab/toolbox/physmod/elec/eedemos/ee_opamp_noise.slx.
The file higher on the MATLAB path is:
/mathworks/devel/bat/Bdoc19b/build/matlab/toolbox/physmod/elec/eedemos/html/ee_opamp_noise.m