最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

車軸駆動 EV における IPMSM トルク制御

この例では、単純化された車軸駆動電気自動車を推進する内部永久磁石同期機 (IPMSM) を説明します。高圧バッテリーは、制御された三相コンバーターを通して IPMSM に電力を供給します。IPMSM は、モーター モードと発電機モードの両方で動作します。車両のトランスミッションと差動装置は、ギア減速比の固定されたモデルを使用して実装されています。Vehicle Controller サブシステムは、運転者の入力を、関連するトルク指令に変換します。Drive Controller サブシステムは IPMSM のトルクを制御します。コントローラーにはマルチレートの PI ベース制御構造が含まれています。開ループのトルク制御のレートは、閉ループの電流制御のレートより遅くなっています。コントローラーのタスク スケジューリングは、Stateflow® ステート マシンとして実装されます。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。

モデル

Electric Drive サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストで要求され、測定されたトルク、および電気駆動の相電流を示しています。