最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

第 1 および第 2 象限チョッパーの制御

この例では、2 象限チョッパーを制御する方法を説明します。この 2 象限チョッパーは第 1 象限と第 2 象限で動作し、正と負の出力電流が許可されます。Control サブシステムは、出力電流を制御するために、単純な PI ベースの制御アルゴリズムを実装します。システムの負荷はシミュレーション全体を通じて一定と見なされます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでの要求電流と測定電流、および回路における出力電圧を示しています。