ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

HIL 用に構成された電気自動車

この例では、ハードウェアインザループ (HIL) の展開に適した電気自動車モデルを説明します。高周波数スイッチングを避けるためにエネルギーベースのモデル化を使用し、ソルバーを固定ステップ シミュレーション用に設定します。

テスト走行では、車両が一定速度になるまで上り坂で加速し、その後の下降期間に電力がバッテリーに戻される様子が示されます。

モデル

PMSM Drive サブシステム

Cooling System サブシステム

Electric and Thermal Model サブシステム

Vehicle Control サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、運転者の入力と環境条件によって影響を受ける電気自動車の動作を示しています。車両は、運転者がクルーズ コントロールを有効にするまで加速します。車両は、道路の勾配が変わっても速度を維持します。運転者がブレーキをかけると、車両は減速して速度ゼロになります。

以下のプロットは、電気自動車の PMSM モーターによって生成されるトルクと、モーターの温度を示しています。シミュレーションの前半では、モーターは指定の速度まで車両を加速し、その後も引き続きトルクを加えて車両に坂道を上らせます。シミュレーションの後半では、モーター トルクの符号の変化で示されるとおり、モーターは発電機として動作します。