Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

バッテリーを充電する自動車の交流機

この例では、交流機の動作を、効率的なシミュレーションが可能な DC モデルに抽象化する方法を示します。このテスト ハーネスは、最初に交流機の速度をゼロから標準的なアイドリング速度である 900 RPM まで上昇させます。生成された電圧が、整流ダイオードに関連付けられた順電圧降下を上回るのに十分である場合に、充電電流が上昇し始めます。次に、テスト ハーネスは速度を 5000 RPM まで上昇させます。すると、交流機は安定化電圧を維持するために、界磁電圧を下げなければなりません。交流機の温度上昇に伴う固定子の抵抗値の増大をモデルが捉えるため、デバイスのパフォーマンスが低下します。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、エンジン速度の変化に伴う交流機の動作を示しています。