最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

被覆がボンディングされた AC ケーブル

この例では、複数の π セクションで構成される三相ケーブル モデルを説明します。各相は導電性被覆で覆われています。導電性被覆は、ケーブルのどちらかの端で単純な抵抗を介して接地します。高電圧源は、電力ケーブルを介して不平衡抵抗負荷に電力を供給します。被覆は、直列ボンディングまたは交差ボンディングのどちらかになるように構成できます。π セクションの数を設定することもできます。π セクションの数を増やすと、精度は向上しますが、シミュレーション速度は遅くなります。収束を容易にするため、電圧源には内部インピーダンスが含まれています。

モデル

ケーブル モデル: パラメーター

ケーブル モデル: 直列ボンディング

次の図は、被覆が直列ボンディングされた、3 つの π セクションからなるケーブル モデルを示しています。

ケーブル モデル: 交差ボンディング

次の図は、被覆が交差ボンディングされた、3 つの π セクションからなるケーブル モデルを示しています。被覆の交差ボンディングは、Phase Permute ブロックを使用して実装されています。

Simscape ログからのシミュレーション結果

次のプロットは、22 個の π セクションからなるケーブル モデルの被覆ボンディング メソッドの挙動を示しています。被覆を交差ボンディングした場合の効率は、被覆を直列ボンディングした場合の効率より優れています。