Main Content

モデルのアニメーション ビデオの作成

UI ツールとコマンド ライン ツール

モデルのアニメーション ビデオは、Video Creator ツールを使用して対話形式で作成するか、関数 smwritevideo を使用してコマンド ラインから作成することができます。このツールと関数は、同じタスクを実行する等価な方法を提供します。より直感的にビデオを構成し作成するにはツールを使用します。コマンド ラインのワークフローで、たとえばモデルのシミュレーション後にビデオ キャプチャを自動化するには、関数を使用します。

ビデオを作成する前に

  • Mechanics Explorer はモデルの更新時に開くよう設定されていなければなりません。

    現在の設定の表示と変更は、[モデル コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウの [Simscape Multibody][Visualization] タブで行うことができます。

  • Mechanics Explorer のアクティブな可視化タイルのみが記録されます。

    可視化タイルは、特定のモデル ビューを表示する Mechanics Explorer の可視化ペインの下位区分です。アクティブ タイルは色付きの境界ボックスで囲まれています。

  • ビデオの視点は常にアクティブ タイルのものになります。

    記録ビデオでモデルの視点を変更するには、アクティブ タイルの視点を変更しなければなりません。移動する点には動的カメラを使用し、静止した視点にはグローバル カメラを使用します。

Video Creator を使用したビデオの作成

  1. 記録するモデルのシミュレーションを実行します。

    モデルから生成されるアニメーションやビデオは、モデルのシミュレーション データを基にしています。

  2. Mechanics Explorer で、[Tools][Video Creator] を選択します。

    Video Creator はモデルの可視化に依存し、Mechanics Explorer を介してのみアクセス可能です。

  3. Video Creator で、必要なビデオ パラメーターを指定します。

    変更可能なビデオ パラメーターには、ビデオのフレーム レート、フレーム サイズ、再生速度比およびビデオ ファイル形式があります。

  4. [Create] ボタンをクリックします。

    Video Creator によりモデルのアニメーション ビデオが生成され、指定の名前で指定のフォルダーに保存されます。

  5. モデルのアニメーション ビデオを、書き込み権限のあるフォルダーに保存します。

smwritevideo を使用したビデオの作成

  1. 記録するモデルのシミュレーションを実行します。たとえば次のようにします。

    modelName = 'sm_dump_trailer';
    sim(modelName);
    Simscape™ Multibody™ ソフトウェアはダンプ トレーラーの使用例をシミュレートします。

  2. 現在の Video Creator 設定から外れた任意のビデオ パラメーターを定義します。たとえば次のようにします。

    fps = 60; speedRatio = 2;
    残りのすべてのビデオ パラメーターは、Video Creator での指定どおりに設定されます。

  3. アニメーション ビデオの望ましい名前とパスを定義します。

    videoName = 'dump_trailer_animation'
    パスが存在しない場合、関数はビデオを現在のフォルダーに保存します。ビデオを保存するには、フォルダーへの書き込み権限が必要です。

  4. ビデオの名前とパラメーターを関数の引数として、関数 smwritevideo を呼び出します。

    smwritevideo(modelName,videoName,...
    'PlaybackSpeedRatio',speedRatio,'FrameRate',fps);
    関数 smwritevideo はモデルのアニメーションのビデオを作成し、dump_trailer_animation の名前で現在のフォルダーに保存します。