Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

直交座標 3D プリンター

この例では、直交座標 3D プリンターをモデル化します。このモデルでは、各軸のモーターの回転運動を指定して印刷パスを定義することができます。この例では、事前定義された回転運動を使用して、印刷ヘッドが 2 つの文字 S と M のエッジに沿って動きます。

このプリンターには、xyz 方向の印刷ヘッドの動きを駆動する、3 つの線形アクチュエータがあります。これらのアクチュエータを、Lead Screw Joint ブロックによってモデル化します。親ねじジョイントは、回転入力を並進運動に変換します。

モデル

サブシステム

3D プリンターは 3 自由度をもち、Printing Bed、Printer Base Assembly、Gantry Assembly、Sliding Block Assembly、Printing Head Assembly の 5 つのサブシステムで構成されます。直進ジョイントと親ねじジョイントがサブシステムを拘束し、xyz 軸に沿った動きを許可します。

Mechanics Explorer でのアニメーション

シミュレーション結果

次のプロットは、印刷中の印刷ヘッドの x 位置、y 位置、z 位置を示しています。

参考