Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

機械システム内のバリアント リーフ領域

この例では、リーフ タイプの Variant Connector ブロックを使用することで速度源と質量の変位をシミュレートする方法を説明します。リーフ Variant Connector ブロックはリーフ領域を形成し、これによってシミュレーション中に変位を変化させることができます。

シミュレーション中に、Simulink® はモデル内の各リーフ Variant Connector ブロックに関連付けられているバリアント条件を計算します。リーフ Variant Connector ブロックのバリアント条件が true として評価される場合、コネクタ ブロックの条件端子に接続されているすべての物理コンポーネントがアクティブになります。この例では、A==1true として評価されると、Leaf Region_1 のコンポーネントはアクティブになり、Leaf Region_2 のコンポーネントは非アクティブのままとなります。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

ケース 1: Leaf Region_1 がアクティブで Leaf Region_2 が非アクティブ

ケース 2: Leaf Region_1 が非アクティブで Leaf Region_2 がアクティブ