Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simscape Bus ブロックをもつ Variant Connector ブロック

この例では、Simscape Bus ブロックをもつ Variant Connector ブロックの使用方法を説明します。

この例では、Simscape Bus ブロックを使用して、機械的ネットワークと電気的ネットワークのラインをひとつにまとめます。機械ネットワークのコンポーネントは、リーフ Variant Connector ブロック VC1 により形成されるリーフ領域にあります。電気ネットワークのコンポーネントは、リーフ Variant Connector ブロック VC2 により形成されるリーフ領域にあります。シミュレーション時に、VC1 と VC2 では Simscape のバス階層とその接続性が認識されます。つまり、バリアント条件 A==1true と評価された場合、機械ネットワークのコンポーネントのみがアクティブになります。電気ネットワークのコンポーネントは非アクティブのままです。

モデル