Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

小信号バイポーラ トランジスタ

このモデルは、小信号等価トランジスタ モデルを使用して共通エミッター アンプの性能を評価する方法を示しています。47 K の抵抗器は定格操作点を設定するために必要なバイアス抵抗で、470 Ω の抵抗器は負荷抵抗です。トランジスタはハイブリッド パラメーター等価回路によって表されます。その回路パラメーターは、h_ie (ベース回路抵抗)、h_oe (出力アドミタンス)、h_fe (順方向電流増幅率)、および h_re (電圧帰還率) です。設定されるパラメーターは BC107 Group B トランジスタに典型的なものです。増幅率は -h_fe*470/h_ie =-47 によって近似的に設定されます。1uF デカップリング コンデンサが選択されているため、入力抵抗 h_ie と比べて 1 kHz でのインピーダンスが無視できることがわかります。このため、出力電圧は 47*10mV = 0.47 V ピークとなります。

このモデルは、Foundation ライブラリ内の基本的な電気素子からより複雑な素子 (この場合はトランジスタ) をどのように構築できるかも示しています。

モデル

NPN Transistor Small Signal サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果