最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ログに記録されたシミュレーション データの保存と取得

ログに記録されたシミュレーション データの保存と取得の方法は、ログの記録方法によって異なります。各シミュレーション ログには savableexportable の 2 つのプロパティがあり、これらはデータがログに記録された方法と、したがって、その保存および取得の方法を示します。

ログ記録方法有効になる条件保存可能エクスポート可能使用

メモリ

[一時ディスク ディレクトリへのデータのストリーミング] 設定がオフ、[データをシミュレーション データ インスペクターに記録] オプションがオフ

1

0

MATLAB® 関数 save および loadワークスペース変数と MAT ファイル (MATLAB)

ディスク上の一時ファイル

[一時ディスク ディレクトリへのデータのストリーミング] 設定がオン、[データをシミュレーション データ インスペクターに記録] オプションがオフ

0

1

simscape.logging.export および simscape.logging.import

シミュレーション データ インスペクター

[データをシミュレーション データ インスペクターに記録] オプションがオン

0

0

シミュレーション データ インスペクターのデータ管理関数、シミュレーション結果の検証と解析 (Simulink)

メモリに記録されるデータ

シミュレーション データのログをワークスペースに記録すると ([設定] ダイアログ ボックスの [Simscape] ペインで [一時ディスク ディレクトリへのデータのストリーミング] チェック ボックスがオフ)、すべてのデータがワークスペース変数に格納されます。通常の MATLAB インターフェイスを使用してワークスペース変数を MAT ファイルとして保存し、MAT ファイルを変数に読み込みます。詳細については、ワークスペース変数と MAT ファイル (MATLAB)を参照してください。

ディスク上の一時ファイルに記録されるデータ

シミュレーション データをディスクにストリーミングすると ([設定] ダイアログ ボックスの [Simscape] ペインで [一時ディスク ディレクトリへのデータのストリーミング] チェック ボックスがオン)、データは simlog オブジェクトとして一時ファイルに格納され、ワークスペース変数が simlog オブジェクトを参照します。一時ファイルは、参照元のワークスペースにログ変数名が存在する限り存続します。関数 simscape.logging.export は、ログに記録されたシミュレーション データを一時ファイルではない HDF5 ファイルに保存し、後のセッションで使用できるようにします。格納された simlog オブジェクトが含まれる HDF5 ファイルをワークスペースに読み込み直し、ワークスペース変数に関連付けるには、関数 simscape.logging.import を使用します。

次の制限が適用されます。

  • データをディスクにストリーミングする場合、simlog オブジェクト全体しかエクスポートおよびインポートできません。これは、ワークスペース変数の一部 (simlog ツリーのノードなど) を、独立した MAT ファイルとして保存できるワークスペースへのデータのログとは異なります。

  • 関数 simscape.logging.export では、複数のロケールにまたがる文字をファイル名に使用できません。

シミュレーション データ インスペクターに記録されるデータ

特定のモデルで [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [Simscape] ペインにある [データをシミュレーション データ インスペクターに記録] チェック ボックスをオンにすると、この選択はログ設定をオーバーライドします。simlog オブジェクトでは、savable プロパティと exportable プロパティの両方が 0 に設定されています。このデータを保存し取得するには、シミュレーション データ インスペクターのデータ管理関数を使用しなければなりません。詳細については、シミュレーション結果の検証と解析 (Simulink)を参照してください。

関連するトピック