Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

空気モーター回路

この例では、Simscape™ 言語を使用して空気圧式ベーン モーターをモデル化する方法を説明します。Pneumatic Motor コンポーネントは、Simscape Foundation の気体ドメインを使用して作成されます。このコンポーネントは、風上法に基づくエネルギー流量と端子における気体特性を実装する共通の方程式を含む foundation.gas.two_port_steady 基底クラスを継承しています。Pneumatic Motor サブクラスは、モーター トルクと流量の特性、質量とエネルギーのバランスなど、コンポーネント固有の挙動を記述する方程式を実装します。Pneumatic Motor ブロックは Simscape Component ブロックを使用してモデルに挿入され、別のライブラリを生成する必要はありません。

モーターは Directional Valve で制御されます。Directional Valve は、Variable Local Restriction (G) ブロックから作成されたマスク サブシステムであり、フロー パスの開閉をモデル化しています。シミュレーション中、バルブ スプールが正方向の最大変位まで動くことで、モーターは正方向の回転数を上昇させます。その後、バルブ スプールが中央に配置され、モーターにブレーキがかかって速度がゼロに戻ります。次に、バルブ スプールが負方向の最大変位まで動くことで、モーターは負方向の回転数を上昇させます。その後、バルブ スプールが中央に配置され、再度モーターにブレーキがかかって速度がゼロに戻ります。

モデル

Directional Valve サブシステム

Supply Pipe サブシステム

Scope からのシミュレーション結果

モーター特性のプロット

Simscape ログからのシミュレーション結果