Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

空気圧駆動回路

この例では、制御された空気圧アクチュエータを Foundation Library の気体コンポーネントを使用してモデル化する方法を説明します。Directional Valve は、フロー パスの開閉をモデル化するために Variable Local Restriction (G) ブロックから作成されたマスク サブシステムです。Double-Acting Actuator は、気体ネットワークと機械並進ネットワークの間のインターフェイスをモデル化するために Translational Mechanical Converter (G) ブロックから作成されたマスク サブシステムです。

シミュレーション中、バルブ スプールが正方向の最大変位まで動くことで、アクチュエータはその最大ストローク位置へと伸張します。その後、バルブ スプールは中央に配置され、負荷が保持されます。次に、バルブ スプールが負方向の最大変位まで動くことで、アクチュエータはその最小ストローク位置へと後退します。その後、バルブ スプールは中央に配置され、負荷が保持されます。回路は、パイプと環境の間の熱対流によって、圧力源による作業の熱を放散することができます。

モデル

Directional Valve サブシステム

Double-Acting Actuator サブシステム

Supply Pipe サブシステム

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログからのシミュレーション結果

バルブ スプールの位置が正のときは、Orifice PA と Orifice TB が開き、端子 P から端子 A、および端子 B から端子 T に気体が流れます。バルブ スプールの位置が負のときは、Orifice PB と Orifice TA が開き、端子 P から端子 B、端子 A から端子 T に気体が流れます。